トップページ > 広島のお米 > ABCクッキング

ABCクッキングに米提供 教室通じて地元米をおいしく食卓へ

JA全農は、料理教室を展開する株式会社ABCクッキングスタジオと協力し、国産農畜産物の利用拡大による地産地消をすすめています。同社が全国で展開する料理教室では、今年度平成28年度4月から、地元でとれるお米を使い、地産地消を促すとともにごはん食の普及に取り組んでいます。

 

◆恋の予感を使ってレッスン
米やだしを
基本とした献立
 広島県のABCアクア広島クッキングスタジオでは、5月27日料理コースの生徒を対象に、「米とだし・乾物」をテーマにしたレッスンを開いたきました。食材としてJA全農ひろしまが提供した広島県産米「恋の予感」を使用。参加者は、米のとぎ方から炊飯の火加減などについて学び、鍋でふっくらと炊き上げました。
   
◆炊飯の基礎について
米の炊飯について
指導を受ける生徒
 講師を務める中村さんは、「米を洗うときの最初の水は時間をおかずすぐに捨てること」「炊き上がってもすぐ蓋は取らず、蒸らすことが大事」等と説明され、炊飯の基礎について分かりやすく指導しました。
   
◆レッスン後は・・・
学んだことを
振り返りながら試食
 レッスンを終えた参加者からは「今までのやり方ではお米を研ぎすぎていたと反省。家でもピカピカごはんが食べられるように今日学んだことを活かしたい」「料理するなら食材にもこだわりたい。授業で使った地元の食材は食卓でも使いたくなる」等と好評でした。


【とことん広島産】とれたて元気市 地産地消のお店です!


JA全農ひろしま生活関連事業 暮らしの中のJAはっけん

JA全農ひろしま 鶏卵市況


個人情報・リンク・著作権について  全農の個人情報保護について