トップページ > 沿革

沿革 事業概要

昭和24年6月
県内JA、広島県購買協同組合連合会、広島県肥料商工業協同組合が出資し、「広島県製肥(株)」を設立
昭和28年
広島県経済農業協同組合連合会発足
平成4年
農協CIによる愛称「JA」および新農協マークの使用
広島県経済農業協同組合連合会(愛称「JA広島経済連」)スタート
平成6年9月
JA広島経済連、9JA、1会社が出資し、「(株)エーコープ広島」を設立
平成12年12月
「パールライス広島(株)」を設立
平成13年
全国農業協同組合連合会と合併し、組織名を「全国農業協同組合連合会広島県本部」(愛称JA全農ひろしま)とする。
平成13年8月
「(株)広島北クミアイ燃料」を設立
平成13年10月
地産地消の実証の場として、県内の34JA(当時)参画によるJA交流ひろば「とれたて元気市」を開店
平成18年4月
広島県本部子会社(パールライス広島(株)、(株)ヒロケイ、福山鶏卵(株))を合併し、「(株)全農広島直販」を設立
平成18年9月
とれたて元気市に「JAのお肉屋さん」を開店
平成19年4月
広島、岡山、島根が合併し「(株)エーコープ中国」を設立
平成19年5月
全農広島県本部・広島県製肥(株)の共通機構として「JA西日本肥料研究所」を設立
平成19年9月
全農広島鶏卵(株)が「世羅GPセンター」を設立
平成20年1月
福屋五日市店にひろしま菜’s1号店を開店
平成23年8月
とれたて元気市に「元気市食堂」を開店
平成24年7月
「JA西日本営農技術センター」を設立
平成24年10月
広島県本部事務所を現住所(広島市安佐南区大町)に移転
平成26年3月
全農広島鶏卵(株)が「三次GPセンター」を設立
平成26年4月
「(株)広島北クミアイ燃料」が「(株)広島クミアイ燃料」に名称変更
平成26年6月
とれたて元気市に「JAのお魚屋さん」を開店

▲このページのTOPへ

JA全農ひろしま生活関連事業 暮らしの中のJAはっけん

JA全農ひろしま 鶏卵市況


個人情報・リンク・著作権について  全農の個人情報保護について